BLOG

2021.11.24

《ATON》パーカーの種類が豊富です。

こんにちは。

先日 ATONのパーカーを紹介させて頂きましたが、ブログを見たよ!と言ってくれるお客様もいたりして、とても嬉しく思っております^^
shiotaです。

この際ですから調子に乗って、もう一品番パーカーを紹介させて下さい。

 

こちらです。

NATURAL DYE URAKE HOODIE
¥37,400(税込)~
カラーGRAY / BROWN / BLUE / BLUE GRAY
サイズ2 / 4
素材cotton100%
生産国JAPAN

 

 

シャープな三角形のフード、少し大きめなシルエットが特徴的なフーディー(パーカー)スウェット。

袖口は力点を一点に集中させない様、リブをトライアングルに設計しており、機能を兼ね備えたデザインになっており、
ATONのシグネチャーアイテムとして、左胸には「A」マークをフロッキーで付けています。

和歌山市で太番手の糸を通常の倍、限界まで高密度に編み上げたジャージー素材は、
高密度に編み上げることで耐久性は勿論、製品染めをした後に、洗いをかけている為、縮みも起きません。

裏毛は表面と裏面、その間を繋ぐ面の3層構造。
間に空気を含む為、暖かさも兼ね備えています。

 

 

あれ?
前回紹介していたパーカーと同じ?
色違いなの?

と思いますよね。
違うんですよ。
何が違うって、染め方が違います….!

〝染め方〟というのは商品を説明する際に記載した通り〝製品染め〟をしております。
この製品染めについては前回のブログでも説明しておりますので、見逃している方は是非さかのぼって読んで頂けると嬉しいです^^

その染める過程までは同じなのですが、今回は染料が違う訳なんですね。
商品名にもなっておりますが〝NATURAL DYE〟ナチュラルダイ、つまり自然染色法で染めているんです。

近頃はアパレル業界でも環境を意識した商品づくりに注目されているので、このナチュラルダイというのは洋服好きの方でしたら聞いたことがあるかもしれません。

草や木や野菜、果物、コーヒーや紅茶から取り出した天然色素と一部化学染料を使用して繊維に色を定着させる。という技術です。
化学染料を用いた染色法は、染色の際に発生する廃液中に多くの人工物が含まれているので、そういった環境問題を少しでも改善しようと登場した、エシカル製品ですね。

 

 

私も実際にナチュラルダイの洋服を愛用していますし、展示会やショップでも様々な染料の洋服を見てきたのですが、今回ご紹介するパーカーはなかなか珍しいもので染めています。

カラーによって何で染めているのか異なるのですが、例えばこちらのブルーはトルマリンです。

ナチュラルダイの例として挙げた草木や野菜、コーヒーなら何となく想像がつくかもしれません。
こちら、トルマリンで染めているんですよ。
石なんです….よ….!!!

青色のトルマリンはインディゴライトと呼ばれていまして、精神に働きかける波動を持つと言われています。
直観力を高め、精神を静めて、物事を落ち着いて考えられるよう、心の波を穏やかにしてくれる。
そういったパワーのある石!芸術性に目覚めるともいわれている石です!

砂状に砕いた宝石を「気流粉砕機」という装置でさらに1マイクロメートル以下の微粒子にすると、マイナスの電荷を帯びる。繊維に窒素系の薬剤をしみ込ませてプラスの電荷を生じさせ、静電気が物質を引き寄せる原理で宝石の微粒子を繊維の表面に付着させることによって、色をつける技術を確立した。

だそうです。

 

これを宝石染めといって、これまでの〝身に着ける宝石〟ではなく〝身にまとう宝石〟という発想。
なので、先日紹介したGARMENT DYE URAKE HOODIEの色違いなのに値段だけ違うの?という疑問はこういった理由があります。

身にまとう宝石…..
なんて贅沢で素敵な響き….

洋服って勉強しても勉強してもまだまだ知らないことが沢山あって、
ブランドだけじゃなくて縫製や繊維や、もっと掘り下げてコットンの栽培方法まで調べると、もう奥が深すぎて日々感動させられっぱなしです。

 

 

熱中してブログを書いていると生地だけで1日終わってしまいそうです。
パーカーのデザインに関しては前回もお話しているので、今回はナチュラルダイの話だけにしよう!と思っていたのに、うっかり文章ばっかりの読みにくいブログになってしまいました。すみません。

カラーは3色あって、こちらの写真はグレーなのですが、こちらもトルマリンで染めております。

トルマリンって色々なカラーがある石で、エジプトの伝承では、旅する途中で虹を通り抜けた石、それがトルマリンだとも言われています。

この人、やたらとトルマリンに詳しいな。と思った方。
すごくどうでもいい情報ですが、私、10月生まれの誕生石がトルマリンなんですよ。
それで余計に愛着が湧いている訳ですね。買った方がいいですよね。

 

 

最後はブラウン。
こちらはトルマリンじゃないです。
マグへマイト、磁赤鉄鉱石です。

酸化鉱物の一種で、磁鉄鉱より磁力は強いと言われ、こちらが天然磁石と言われています。

結果、石の話ばかりしてしまったように思いますが、ナチュラルダイはまだまだ奥が深いです。
興味がある方は一緒に店頭で語らい合いましょう。

 

shiota