BLOG

2019.08.26

meanswhile⑥

こんにちは。みなさんは良い週末を過ごすことができましたか?(^.^)

今回はX-Pac™/Spectra®シリーズを紹介していきたいと思います。

まずはX-Pac™/Spectra®‟Retrofitted’’からです。

ロールトップのディティールを採用 することで容量の調節が可能なっているウエストバッグになります。ディティールによって、2種類の生地をそれぞれ適した箇所に使い分け ており、ロール トップ部分には撥水性に優れたものを使って、ボディ部分 には耐摩擦に優れたものを使用しています。ショルダーバッグとしても使用することができるので最近、浸透している肩掛けで使う率が高くなりそうですね。

また、X-pac/Spectraを使用したバックパック(別売り)取り付けて拡張することができます。

次はX-Pac™️/Spectra® “Reinforce”です。

X-Pac/Spectra素材を使用したバックパック(別売り)に拡張することができ、ヒップバッグの使用目的の幅を広げれます。

バックパックに取り付けた際は肩への負担を軽減できるのと同時に、前面に4つのポケットを配置することで小物類のアクセスを簡単にできます。また、2種類の生地を適した箇所に使っていてポケット部分には撥水性に優れたものをボディ部分には耐摩擦に優れたものを使用しています。また、こちらもウエストバッグ同様に肩掛けして使っても大丈夫です♪

次はX-Pac™️/Spectra® “Lid”になります。

こちらはX-pac/Spectra Nylonを使用したバックパック(別売り)を拡張する雨蓋です。軽量かつ耐久性に優れた DIMENSION-POLYANT社のX-pacと米ハネウェル社の超高強度素材スペクトラを採用しています。ウエストバッグとヒップバッグ同様にディティール によって、2 種類の生地をそれぞれ適した箇所に使い分けており、ロールトップ部 分には撥水性に優 れたものを、ボディ部分には耐摩擦に優れたものを使用していて、ロールトップのディティールを採用することで容量の調節が可能となっています。。ロールトップポケットに加え、メインポケット、マップポケット、計3気室の設計となっています。

この雨蓋のポケットは、必要なときに小物類をすぐに取り出せるため大変重宝します。このポケットには、眼鏡、手袋、帽子、地図、コンパスなど色々な物を人それぞれで入れる物は違いますが、入れておくと便利ですよ😄

最後はX-Pac™️/Spectra® “Outside”です。

X-Pac

X-PACは、セイルクロス(ヨットの帆)でシェア世界一を誇っている、米・DIMENSION-POLYANT社が開発した、表生地+X-PLY(ファイバー)+裏生地という3種類の素材を特殊な方法で貼り合わせた3層構造の、強度・軽さ・防水性を兼ね備えた優れた特殊マテリアルです。

ハネウェル社は1886年に設立されたアメリカ多国籍企業でありアメリカ航空宇宙局ボーイングアメリカ国防総省に技術サービスやアビオニクスを提供している会社です。

 

外に荷物を取り付けられる事をコンセプトに、拡張性を重視してデザインされたバックパックです。上下左 右のバッ クルは互い違いに付けてあり、様々なシチュエーションに対応します。軽量かつ耐久性に優れた DIMENSION- POLYANT社のX-pacとアウトドアなどで用いられる高品質素材を多く生み出している「インビスタ社」の協力によって開発したインビスタ社の米ハネウェル社の超高強度素材スペクトラ素材を採用。ディティールによっ て、2種類の生地をそれぞれ適した箇所に使い分けており、ロールトップ部分には撥水性に優れたものを、ボディ部分には耐摩擦に優れたものを使用しています。ロールトップのディティールを採用することで容量の調節が可能になっています。(別売り)のウエストバッグ、雨蓋、ヒップヘバッグを取り付けられるようになっており、目的により使い方は多様と素晴らしいです(^O^)/

こちらがウエストバッグ、雨蓋、ヒップヘバッグを取り付けた感じです♪

いかがでしたか?一つ一つ使用目的の違うアイテムを取り付けることが出来るバッグ♪

その日その日で形を変えて遊ぶのもありですね(^^♪

それではまた明日です(*^^)v