BLOG

2019.09.12

ATON①   

こんにちは。今日はATONを紹介していきたいと思います(^O^)/

 

ATON

 

エイトン(ATON)は、日本のファッションブランド。ユニセックスのファッションアイテムを展開しています。デザイナーは、京都生まれのICHIKO SHIMIZU氏、ディレクターは、大阪生まれのYASUHARU KUZAKI氏が務める。

ブランド名のエイトン(ATON)の由来は、 A to N、“あ”から“ん”まで。原材料から仕上がりにいたるまで、生産者との密なコミュニケーションをとり、きちんと生産背景を理解した上でものづくりをしたい、という思いが込められています(*^^*)

シンプルでスタンダードなデザインが多いエイトンのアイテムは、着用したときのシルエットが美しいのが特徴。着姿の美しさを考えてデザインしている。また、素材にはこだわりを持ち、良質なものを使用。インドの綿花をひとつひとつ丁寧に手摘みして、和歌山で編み立てたスビンコットン(SUVIN COTTON)など、こだわりの素材を洋服に取り入れています♪

ブランド人気アイテムとなった「ガーメントダイウラケ フーディ」は、ユニセックスで展開するコットンフーディ。シャープな三角形のフード、少し大きめなシルエットが特徴で、両脇に配したリブ編みのサイドアクションパネルが、着脱のしやすさと動きやすさがあります😄

この際なのでフーディも紹介しますね♪

 

ATONのプルオーバーフーディは和歌山にて製作しています。太番手のコットンを通常の倍の密度で限界まで度目を詰めて高密度に編み立てたオリジナル吊り裏毛を使用、製品染めをしてから洗いをしっかりと掛けることでギュッと目が詰まり、耐久性に優れた丈夫な素材に。また、裏毛は3層構造にして生地の間に空気が入る為、より暖かくなります♪

胸元の”A”のロゴは、植毛フロッキーの為、剥がれにくく、ベルベットのようなスムースな肌触り。通常は最も負担の掛かる袖口の部分は、力点を一点に集中させない為、リブをトライアングルに設計。機能を兼ね備えると共に特徴のあるデザインに。フロントにカンガルーポケットを配置しています。袖先と裾は同素材のニットリブに切り替えています。質の良さとシンプルなデザイン、シルエットの良さで長く愛用して頂けるアイテムですよ(^^♪

 

それではまたです♪